💡

Googleドキュメントとの違い

📌
SmartMeetingは、Googleドキュメントの長所である共同での議事作成や議事録管理機能に加え、会議の生産性に特化した機能群を備えています。
 

1. SmartMeetingはチームの生産的な会議運営支援を目的としたツールであること


SmartMeetingとGoogleドキュメントはどちらも共同作業でメモを取ることができますが、SmartMeetingは会議用の議事録として設計されています。
会議に重点を置いているため、チームでより生産的な会議を行えるようになります。
会議の議題の整理やチャットツールやタスク管理ツールとの連携、Todo管理や、会議データを用いた組織へのフィードバックに最適なツールです。
Googleスプレッドシートを顧客管理ツールとして大規模に使用しないのと同じように、Googleドキュメントを会議用の議事録として使用することは拡張性や運用コストの増大につながります。
 

2. カレンダーとメモを並べて見ることができること


GoogleDriveからGoogleドキュメントで作成した会議の議事録を探すのは手間がかかります。
プロジェクト毎やチーム定例、1on1の議事録などをGoogleドキュメントで管理している場合、さらに検索コストが増大します。
しかし、SmartMeetingを使用すると会議の議事録は、連携しているカレンダーのメモ欄にリンクされています。
また、「会議グループ」機能を使えば、関連した議事録をグループ化されます。
議事録のファイル整理や検索の時間を減らすことができます。
 

3. 議事録情報の一貫性とタスク管理ができること


SmartMeetingは、Googleドキュメントよりも簡単にテンプレート適用ができます。
独自のテンプレートをチームの定例会議から1on1の会議、顧客との打ち合わせ、経営会議まで、作成し、閲覧、使用、カスタマイズすることができます。
テンプレート活用による議事録情報の一貫性に加え、SmartMeetingでは、アサインされたタスクをリマインダー機能などでお知らせします。
Googleドキュメントは、ドキュメント内の人々にタスクを割り当てることができますが、複数のドキュメント間でメンバーのタスクを集約する方法はありません。
SmartMeetingは実施された会議のタスクを管理、整理できます。
チームとして誰がいつまでに何をする必要があるかを知ることができます。
 
▼SmartMeetingとGoogleドキュメントのちがい一覧