page icon

議事録にコメントをする

議事録内でコメントを通じたコミュニケーションを取ることができます。
たとえば、以下のようなシーンでご活用が可能です。
 
1. 会議前
事前準備で記載されている内容を確認し、会議までに確認が必要な部分をコメントする
 
2. 会議後
  • 不参加者が気になる部分をピックアップし、コメント(質問やフィードバック)をする
  • 議事録内容を確定する際、社内外のチェックに利用する
    • 例)この内容で相違ありません、など
 
 

利用方法


1. コメント画面を開く

議事録画面右上の”コメント”マークをクリックします。

2. ハイライトをクリックする

ハイライトされている分をクリックすると、コメントが表示されます(最初のコメントのみ)

3. 通知画面から該当するコメントを選択する

メニュー内の通知アイコンをクリックします。
 

4. 通知が来たメールやSlackから開く

  • メールでの通知
    • 対象の議事録リンクをクリックします。
  • Slackでの通知
    • 対象の議事録リンクをクリックします。
 

コメントの記載方法


1. コメント画面を開き、直接入力する

利用シーン:特定文ではなく、議事録全体に対するコメントを入力する時など

2. 特定行を選択し、コメントをする

  • 特定部分をドラッグで選択し、コメントアイコンをクリックのうえ入力します。
  • 行横にある縦の3点リーダーをクリックして入力する。
利用シーン:議事録内の特定部分に関するコメント

その他


1. メンション(@ユーザー名)をつける

コメントにメンション(@ユーザー名)をつけて投稿すると、そのユーザーにコメントが通知されます。
特定ユーザーに対してコメントをする時は、必ずメンションをして投稿をしましょう。

2. コメントの通知がくるトリガー

  • メンションをされた場合
    • 上記のとおりです。
       
  • メンションをされたスレッド内で、コメントが追加された場合
    • ※赤枠内がスレッドです。スレッドに参加しているユーザーには、以降メンションがない状態で通知がされます。
 

3. コメントの削除/編集

コメントを記載したユーザーのみ、削除と編集が可能です。
 

4. ゲストユーザーがコメントをする

ゲストユーザーでもコメントをすることが可能です。
その際表示名は「ゲスト」となります。
ゲストユーザーにコメントをしてもらう際は、名前を別途入力いてもらうようご案内をしてください。