page icon

タスクをAsanaに自動で書き出す

概要


SmartMeeting内で記載した決定事項を、タスク管理ツール「Asana」に自動で連携することができます。
これによりSmartMeetingとAsanaでの二重登録と管理が不要になります。

1. 自動連携タイミング

▼SmartMeeting → Asana

30分に1回、SmartMeeting側の未完了のタスクを、Asanaに自動で書き出します。
 

▼Asana → SmartMeeting

60分に1回、Asanaのタスクの状態を取得し、SmartMeetingに反映します。
 

2. 自動反映先

アカウントごとに連携先を設定します。
連携先は以下のどちらかを指定できます。
  • マイタスク
    • ワークスペース→マイタスク
  • プロジェクト
    • ワークスペース→プロジェクト
⚠️
注意点
  • 連携先の設定はアカウント単位であり、決定事項の単位ではありません。
  • 現時点では決定事項ごとにセクションを選べないため、連携したいセクションが変わるごとに、アカウントごと設定を変更する必要がございます。
 

3. 反映内容

  • 決定事項(タスク)の名前
  • 期限
  • 実施有無 ※チェックされている状態でも反映されます。
反映状況はタスク一覧から確認が可能です。(Asanaアイコンとリンク)
 

設定方法


  • アカウント設定画面から「外部連携ツール連携」の「連携」をクリックします。
 
  • Asana連携をクリックすると、Asanaのログイン画面に遷移します(既にログインしている場合は、クリックされると連携がされます)。
 
  • 自動書き出しされる連携先を選択します。
    • ワークスペース
    • マイタスク/プロジェクト
    • セクション
 
  • 設定完了です。連携有無や連携先が表示されます。
 
  • 以下の割り振りをした場合、3ユーザーそれぞれに自動書き出しがされます。※3ユーザーそれぞれがAsana連携されている必要があります。