page icon

議事録の公開範囲を設定する

概要


役員会議、1on1、採用面接など、機密性が高い会議が発生した際に、議事録に閲覧制限をかけることができます。
 
現在以下5種の方法で閲覧権限の設定が可能です。
  • チームに所属しているメンバーのみ
  • チームに所属しているメンバー+指定したメンバー
  • 会議の参加者のみ 
  • 会議の参加者+指定しメンバー 
  • URLを知っている人全員
💡
参考
 

チーム単位で設定する


”非公開”になっているチームに紐付けられた議事録は、所属しているメンバー以外に公開されません。
※厳密に言うと、チーム自体が”非公開”になっており、そのチームに紐付けられている議事録の公開範囲も限定されています。
 
 

議事録単位で設定する


▼「公開」されているチームに紐付いている場合

議事録右上の赤枠をクリックします。

「全体公開」「チーム限定」「非公開」のいずれかで表示されています。
 

【パターン1】会議の参加者のみ閲覧可能にする  

社内の公開範囲を「非公開」に変更します。
 

【パターン2】会議の参加者+指定メンバーのみ、閲覧可能にする

 
 
 

▼「非公開」になっているチームに紐付いている場合

「チーム限定」または「非公開=参加者限定」のみ選択可能です。
※非公開のチームに紐付いているため、公開できる最大がチームに所属のメンバーとなります。
 
「チーム限定」「非公開」の両公開範囲でも、アクセスを許可したチームの選択が可能です。

【パターン3】「チーム所属メンバー」+「アクセスを許可したメンバー」にのみ閲覧権限を付与する場合

 

【パターン4】「会議の参加者」+「アクセスを許可したメンバー」にのみ閲覧権限を付与する場合

💡
Tips
公開範囲設定の強さは チーム単位<議事録単位 です。
例えば、以下の設定をしていた場合は、議事録の公開範囲設定が優先されます。
  • チームは「公開」
  • 議事録は「非公開(参加者限定)」
この条件で議事録単体の閲覧権限がないユーザーがチームの議事録一覧を見ても、そのユーザの画面には該当する議事録が表示されていない状態になります。
つまり自分自身に閲覧権限があるものしか一覧に表示されません。